スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
一日鉄子  豊橋鉄道・渥美線(後編)
2012 / 06 / 14 ( Thu )





東三河に住むわたしにとって.....
田原あたりくらいまでは、あまりにも身近な場所という意識が強かったので、
渥美線についてもこれまで、さほど興味を持つことはありませんでしたが.....







今回改めて渥美線の歴史を調べてみたところ、
①新豊橋〜三河田原までの現役区間(18.1km)
②三河田原〜黒川原の廃線区間(2.8km)
③黒川原〜三河福江の未成線区間(15.1km)
④三河福江〜堀切の計画区間(6km)....があることを初めて知りました。







渥美半島の地域発展・伊勢神宮参宮のための連絡路・軍事という3つの目的があった渥美線。
戦争に翻弄された姿がそこにはあります。(まだまだ勉強不足です.....)
資料参照(TAABLET 97)







老津(おいつ)駅では、紫陽花がちょうど見頃を迎えていました♪

120614-3.jpg






120614-4.jpg








今回、終点の三河田原駅まで乗ってみた印象は、
老津までは住宅が比較的多いのが、そこを境に畑や田園風景が広がるということ。
それ以前の区間でも、林の中を通り抜ける場所が多く、
緑のトンネルが心地よかった....
もう少し時間があれば、ほかの駅にも降りたち様子をみてみたかったですね。
120614-1.jpg









また、老津駅の周辺には、使われなくなった引き込み線がいつも見られ、
もともとはどういう仕様だったのだろう..と、気になりました。
120614-2.jpg






120614-5.jpg








120614-6.jpg








120614-7.jpg







120614-8.jpg








120614-9.jpg








120614-10.jpg








120614-12.jpg








120614-13.jpg






鉄道を撮るのは、まだ未知の世界。難しいなぁ......
また機会があれば挑戦してみたいと思っています。






一日....というより「半日鉄子」の渥美線レポでした。










スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 26 : 17 | 鉄道 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<アイタル食堂 | ホーム | 一日鉄子  豊橋鉄道・渥美線(前編)>>
コメント
--鉄撮り--

 こんにちは。
 豊橋鉄道の渥美線に乗ってきたんですね。
 写真でだいぶ雰囲気が掴めました。
 私も乗りに行かなくてはです。
 でも、なんで伊良湖まで伸ばしてくれなかったんですかねぇ。鉄道さえ通っていれば、恋路ヶ浜とかも、もっと行けたのに。
 鉄道写真のコツは、ズバリ、人目を気にしないことです(笑)。
 照れたら負けと思ってくださいね。
by: オオタ * 2012/06/15 22:47 * URL [ 編集] | page top↑
--オオタさま、ありがとうございます!--


こんばんは。

本当ですね...渥美半島途中で終わってしまっている渥美線。
リンクを貼ったサイトに歴史が載っていますが、いろいろあったみたいです。
田原からはバスに乗らないと先端まで行けないので、
ちょっと不便ではありますね。


鉄道写真(...に限らず)はじっくり撮らないといけませんね〜。
今回は、愛大公館の見学後、正味1時間半くらいでしたので、
途中老津で下車してみたものの、あまり渥美線を「味わう」ことが
できませんでした...オオタさん、あとはよろしくお願いします!!


人目を気にしないこと...ですね。確かに気にしていました...(^^;)
鉄子になるには照れないこと。
負けてますね〜、まだ鉄子になりきれていない私です。

by: manunu * 2012/06/16 22:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://manunu.blog84.fc2.com/tb.php/448-4623c44a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。