スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
豊川市 八幡宮の紅梅
2012 / 03 / 23 ( Fri )



先日出掛けた、河津桜並木のある豊川市の西古瀬川のそばに、
きれいな紅梅が咲いている神社があると聞き、春分の日の朝...見に行ってきました。

120323-3.jpg








神社の名前は「八幡宮(はちまんぐう)」


120323-9.jpg








120323-6.jpg





豊川市教育委員会の説明によると....




社伝によれば、白鳳(七世紀半ば~後半)の頃に、
大分県の宇佐八幡宮から勧請(かんじょう)されたといいます。


奈良時代に東側に隣接して三河国分寺が建立されると、国分寺の鎮護の神としても
崇められました。中世以降には、武家の尊信を集めたことが、牧野氏・今川氏の
寄進状や安堵状(市指定文化財)からうかがえ、江戸時代には幕府より百五十石の社領が
与えられていました。



本殿(国指定重要文化財)は、三間社流造の桧皮葺で、正面は三間とも
菱格子組の引戸を立て、柱の上には出三斗を組んでいます。


また、欄間には花鳥などを彫り込んだ形の良い蟇股(かえるまた)が入り、
これを七宝繋文の透かし彫りがつないでいます。
側面からは屋根の流れるような曲線を見ることができ、破風には連続波形彫刻、
蟇股には蓮の花や日月が彫り込まれています。



所蔵する木造狛犬(県指定文化財)に台座裏の墨書より、文明九(1477)年の建造と
推定され、当地方における室町時代中期の神社本殿の建築様式を知り得る貴重な好例です。


八幡宮には、ほかにも木彫天宇受売命面(あまのうずめのみことめん)(県指定)や
祭礼用具(市指定)などの文化財が伝えられています。










紅梅を見に....と軽い気持ちで出掛けたら、
室町時代の本殿を有する、霊験あらたかな神社の様子に
ただただ驚くばかり....








拝殿の撮影(真正面近くから撮す)は基本的に禁止でしたので、
それ以外の場所と梅の写真をアップしますね...


120323-1.jpg






120323-4.jpg





120323-5.jpg





120323-7.jpg






120323-8.jpg






120323-10.jpg






社務所の方のお話では、4月の第2週末には祭礼が行われるとのこと。
そのときでしょうか......浦安の舞が奉納されるそうです。





そのとき、舞うお子さんの親御さんが、その姿を撮すのも
正面からではなくて横からそっと撮すのは良いそうですが、
基本的には拝殿に対して、近くから真正面にカメラを構えるのは
神様に対して失礼なので、やめてくださいとのことでした。






もちろん、一般のカメラマンのひとたちが、
その様子を正面から撮るのも遠慮してもらっているそうです。





心が洗われる...そんな時間を過ごした春分の日の朝でした。
















スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 58 : 54 | flower | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<菜の花と海 | ホーム | 今日のしろくん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://manunu.blog84.fc2.com/tb.php/390-089e0e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。