スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
新緑の京都  高台寺・醍醐寺
2011 / 08 / 14 ( Sun )


鷲峰山(じゅぶざん)高台寺(臨済宗建仁寺派)



豊臣秀吉没後、その菩提を弔うために秀吉夫人の北政所(ねね)が
建長11年(1606)開創したお寺です。
(そういえば....明日、8月14日の大河ドラマ「江」で、
 とうとう秀吉が亡くなることになりますね)




祇園から歩いてすぐの場所にある高台寺。
気候も良く、新緑も素晴らしいので、散策するのにはぴったりでした。



重要文化財の「霊屋」
北政所の墓所。秀吉と北政所をお祀りしている所で特別拝観中でした。
まわりを囲む塀の瓦が印象的。
高台寺-1



広い境内をぐるっと拝観して、そのまま丸山公園へ....。
今回の旅では、なぜか石灯籠に目がいってしまうことが多かったのです。
丸山公園-1




丸山公園そばの料亭の厨房に向かって、じりじりと進むねこ。
いつも何かもらっているのでしょうか...? 
丸山公園-2




翌日訪れた「世界遺産 醍醐寺」 ここも本当に広かったです~!



朱塗りの西大門(仁王門)
豊臣秀頼が金堂再建の後、慶長10年(1605)に再建したものです。
醍醐寺-1



西大門に安置されている仁王像(重文)。
もとは南大門に祀られていた尊像で、平安後期の長承3年(1134)に
仏師勢増・仁増によって造立された尊像です。
体内の墨書、納札等に南大門から移された経緯などがかかれているそうです。
醍醐寺-6




五重塔 平安時代(国宝)
醍醐天皇の菩提を弔うため、第一皇子・朱雀天皇が承平6年(936)に着工し、
第二皇子・村上天皇の天暦5年(951)完成しました。
初層の内部には両界曼荼羅や真言八祖が描かれていて、日本密教絵画の
源流をなすものといわれています。高さは約38メートル、屋根の上の相輪は
約13メートルあり、相輪が塔の三分の一を占め、安定感を与えています。
醍醐寺-5




奥に進んでいくと、池があらわれ、その向こうに弁天堂がみえます。
弁財天が祀られています。新緑が素晴らしい。秋にはもみじが美しいことでしょう....
醍醐寺-2



弁財天よこの茶店で一服。
醍醐寺-3


お寺側から見た、西大門。新緑に埋もれてしまいそう。
醍醐寺-4

実際目にした新緑は、もっともっと素晴らしかったです。
桜の頃や紅葉も有名ですが、京都の新緑は本当に最高でした。







スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

00 : 07 : 25 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<涼をもとめて.... | ホーム | 新緑の京都 スイーツ >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://manunu.blog84.fc2.com/tb.php/251-01bff32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。