スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ばらもにダイアリー 2010.8.26
2010 / 08 / 26 ( Thu )

豊橋の超大型園芸用品店「ガーデンガーデン」さん企画のバラモニター「ばらもに」で、
デルバール社の「シャンテ・ロゼ・ミサト」を育てています。



8月も残すところあと5日。

まだまだ暑い日が続いていますが
来週末(9月第1週末)には、バラの夏剪定をしようと思っています。
そのために、今朝、置肥をバラの根もとへ.....




8月22日の日曜日には、ず~っと続けている
キクノール(木酢液)のブレンド液葉面散布をしました。
組み合わせは、キクノール200倍・ばらキトサン300倍・月桃エキス1000倍。
根もとには、ヴィコント564の300倍の液肥。


その時に撮ったミサトさんの姿。ぐんぐん伸びています。
rose-100822-1.jpg




一時、葉の一部に、高温による障害が出たようでしたが、
なんとかふんばっています、ミサトさん。





芽も次々伸びてきて...
rose-100822-2.jpg

rose-100822-3.jpg


こうした芽を、夏の剪定で切らないといけないんでしょうか...?
秋に良く咲かせるために、しょうがないのかな...
切ってしまうのが、なんとなく寂しく思われてしまう、今日この頃です。


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 16 : 58 | ばらもにダイアリー | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<妻籠散策 Part1 | ホーム | りんご>>
コメント
--こんにちは!--

こんにちは!

ガーデンガーデンのバラ担当 鈴木です。

暑い日が続きますね^^:
それでもバラ達は暑さに負けず元気に育っています♪

この時期のシュラプ~ツルバラの剪定ですが、人にもよると思いますが汚い葉や細かい枝、込み合う枝、花ガラなどを切る程度で、まだ大きくしたいようであるならば放任しておいても問題はないといえば無いです。

その後気になるようならば冬に強剪定をする感じて良いと思いますよ♪

ただ夏場に切った方が枝が丈夫になったりシュートも出やすくなるという利点はあります。
ただ太い枝は冬に回した方が植物の負担が少ないですけどね。

お悩みの内容とは少し違うかも・・・スミマセン。

今後とも宜しくお願いいたします。

by: 鈴木 * 2010/08/27 11:43 * URL [ 編集] | page top↑
--鈴木さま、ありがとうございます!--


コメントいただきありがとうございま~す!


フレッシュな芽を見てしまうと、ついつい
切るなんてかわいそう~と思ってしまうのですが、

ベランダという場所を考えても
それほど大きくするわけにはいかないということもあり、

また、鈴木さんが言われるように、
夏場に切ったほうが、枝が丈夫になるとあれば...

来週末に予定している剪定で
細い枝を中心に切ってみたいと思います。


わたしの疑問に、充分答えていただいてます!
ありがとうございました。


お口に合うかどうかわかりませんけど(^^;)
梅干し好きな鈴木さんに、また
「My 梅干し」を差し入れしましょうか...?

by: manunu * 2010/08/27 19:35 * URL [ 編集] | page top↑
--再びおじゃまします!--

少しでもお役にたてたのならば幸いです^^

ミサトさんの枝もグングン伸びてますし
夏越しは問題無さそうですね♪

manunuさんのmy梅干是非ともいただいてみたいですね♪

年中梅干は食べていたいですが
特に暑い夏場は塩分補給で梅干最高ですよ♪

体にも良いですしね♪


by: 鈴木 * 2010/08/28 15:31 * URL [ 編集] | page top↑
--鈴木さま、ありがとうございます!--


はい、了解で~す!

鈴木さんの分と、
いつもお世話になっている亀プロさんの分も一緒に
また、お持ちしますね~!

by: manunu * 2010/08/28 21:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://manunu.blog84.fc2.com/tb.php/132-9ea241ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。