スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
GOPAN
2010 / 12 / 01 ( Wed )



以前パン教室に通っていたことがありました。


一年くらい通った教室で作ったもの...生イーストを使って、
手作りソースが美味しいピザ、もちもちのポテトパン、肉まん、メロンパン、
ぶどうをたくさん練り込んだパン、調理パン.....などなど....


思い出せないくらい、いろいろなパンを作りました。
楽しかったな~。



教室で習ったパンを、当時は自宅でもよく作っていたものですが、
今の生活では、忙しくて、なかなか時間が取れません.....



でも、焼きたてのあの味は忘れられない...



個人的には「白神こだま酵母」にも関心がある....



...で、このたび「GOPAN」を、思いきって購入してしまいました。
gopan-3.jpg




本当は、全粒粉の食パンを焼きたいのですが、
GOPANというからには、やはり、お米のパンを焼かねばなりません...(^^;)




お米のパンといっても、白米とイースト以外に、
小麦グルテンやショートニング、また、お塩や砂糖も少々必要です。
gopan-1.jpg




材料を投入して、焼き上がりまで約4時間(以外と早い...)



途中、白米をミルするときに、かなり大きな音がしますが....
(これがちょっと難点、でも、しょうがないですよね..)
gopan-2.jpg




焼き上がりは、こんな感じ(これは3回目です)
gopan-1-1.jpg



できれば、一般のドライイーストは使わずに...と、
最初の2回は、有機の天然酵母(ドライ・予備発酵不要)を使いましたが、
ふくらみがいまひとつで....(小麦を使う天然酵母使用のコースは別にあります)



この写真は、普通のドライイーストを使っています。



焼き上がりから15分、底の羽根をはずしたので、
パンの下の部分に穴が空いておりますが....
少しきめが荒い感じです。
gopan-1-2.jpg



お味のほうは、やはり焼きたては美味しいですね~。


小麦粉のパンと、少し違う(...と思う)のは、
かめばかむほど、甘み(うまみ)が出てくるところ。



これからは、時間の合間をぬって、
全粒粉や白神こだま酵母を使ったパンに挑戦しようかな....と思っています。





スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

23 : 37 : 45 | クッキング | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
中華麺飯食堂 マルナカ
2010 / 12 / 05 ( Sun )


蒲郡駅南にある、中華麺飯食堂マルナカさん
マルナカ-2





メニューにはこだわりの言葉が書かれていました...
marunaka-1.jpg





ランチの時間も人気ですが、今回は夕飯です。
「担々麺セット」¥980円 (担々麺にハーフ炒飯、揚げ餃子2個、サラダが付いています)
マルナカ-6





辛いものが少々苦手なmanunu......恐る恐る初めて食べた担々麺。
それほど辛くなく(ちょっとピリピリ)、でも胡麻の風味たっぷり。
コクがあり美味しかったです~。
マルナカ-4





若鶏の唐揚げも美味。さっぱり、サックサク!
IMG_4137.jpg






普通のラーメンはこちら。スープの色が濃いですよね。
昔からある、中華そば...という感じ。炒飯と合うんです。
マルナカ-5



単品メニューはどちらかというと、オーソドックスな雰囲気ですが、
以前こちらで会社の忘年会を行った時に食べたコース料理、
どれも凝っていて美味しかったですよ....
今年の忘年会は....?









テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

23 : 18 : 37 | そとごはん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
蒲郡 竹島の風景(猫とともに...)
2010 / 12 / 08 ( Wed )

日曜日の朝、会社のブログ用に、ある「ジャム教室」の写真を撮りに
蒲郡市の竹島まで出掛けました。


ジャム教室が行われるのは、竹島の橋のたもとにある公民館。


蒲郡の若者のボランティア団体の活動に賛同された
料理研究家「堀江ひろ子」先生が、蒲郡のみかんを使った
みかんジャムの講習会を、親子向けに無料で開いてくださる...というものです。


講習会の様子は、また会社のブログにアップする予定です。


それが始まる前、少し時間ができたので
周辺の景色を何枚か撮ってみました。


岸との間を、長さ387メートルの橋で結ばれている「竹島」
国の天然記念物にも指定されています。
takeshima-1.jpg


takeshima-3.jpg



takeshima-11.jpg


takeshima-10.jpg


周辺の海には、かもめや鳩がたくさんいます。
takeshima-2.jpg

takeshima-4.jpg



ぶら~っと歩いていたら、おじさんがなにやら連れて散歩しています。

よく見ると...猫でした!

takeshima-6.jpg

takeshima-7.jpg


暖かな服を着せてもらって、子犬のように歩いていました。
かわいい~!!


なかなかじっとしていません...
おじさんの手を離れ、どんどん歩いて行ってしまい...
takeshima-9.jpg



あらら...トレイタイムでした~~(^^;)
おじさんが「今ならじ~っとしてるから、撮りなさいよ」...と言われ
撮った一枚です。
takeshima-8.jpg
変なところ撮ってごめんね...



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

00 : 24 : 46 | ねこ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
釜炊き三昧で五目釜飯
2010 / 12 / 09 ( Thu )


新潟にある「ウルシヤマ金属工業」という会社が
「釜炊き三昧」というご飯釜を作っています。



家庭のガスレンジでも、かまど炊きのような美味しいご飯が炊ける....というものです。



白米に関しては、やや固めに炊けるために
炊飯器に軍配が上がっていましたが、
そのやや固めに炊ける....ことが.....釜めしにぴったり~!!



お米(2合)を水に浸しておきます。その間に具材の用意をします。



五目釜飯-1

干し貝柱、油揚げ、こんにゃく、鶏肉
ごぼう、しいたけ、まいたけ、にんじん。




干し貝柱の戻し汁も使った煮汁を使い、醤油・みりんなどと具材を一緒に煮ます。



具はザルにあげて煮汁をきり、その煮汁に水を足して320ccにします。



水に浸しておいた米の水をきり
釜炊き三昧に入れ、その上に具材、煮汁(酒・醤油少々を足す)を。


五目釜飯-2

強火にかけ、沸騰したら弱火にして13~14分、
蒸らしは10分....という工程です。



五目釜飯-3



軽くかき混ぜて、おひつに移します。
調味料のせいでしょうか...少しおこげができました。
五目釜飯-4


おひつの材質が、釜飯を美味しく保ってくれます。
五目釜飯-5



もともとお店で売っている釜飯は、どちらかというと
味が濃くて少し苦手でした....


こうして自分で作ってみると、味の調整ができるし、
何より、具材の味が生きていて美味しく、
いくらでも、お腹に入ってしまいます......
食べ過ぎてしまうのが難点かも....(^^;) ふふ....♪



釜炊き三昧、おすすめです!




テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 52 : 59 | クッキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京都のもみじ  永観堂~哲学の道
2010 / 12 / 15 ( Wed )

12月最初の週末、京都へ名残の紅葉を見に行ってきました。


日帰り弾丸ドライブなので、朝5時に自宅を出発。

高速を使って休憩もしつつ....途中少し渋滞していましたが、
比較的順調に進み、京都・平安神宮南の市営駐車場(地下)に着いたのは
午前7時50分頃でした。



そこから東山方向へてくてく.....
天気も良く、風もなく、あまり寒くもない、
3拍子揃った絶好のウオーキング日和です。



まず最初に訪れたのは、「みかえり阿弥陀」様で有名な永観堂。
もみじの永観堂と言われるだけあって、広い境内は紅葉に埋め尽くされています。

kyoto-1-s.jpg kyoto-2-s.jpg 

kyoto-4-s.jpg kyoto-3-s.jpg



kyoto-9-s.jpg kyoto-10-s.jpg 

kyoto-11-s.jpg kyoto-15-s.jpg


kyoto-12-s.jpg kyoto-14-s.jpg 

kyoto-13-s.jpg kyoto-18-s.jpg


kyoto-16-s.jpg kyoto-17-s.jpg

kyoto-19-s.jpg kyoto-21-s.jpg


kyoto-20-s.jpg kyoto-25-s.jpg

kyoto-23-s.jpg kyoto-24-s.jpg



永観堂を後にして、哲学の道へ....

kyoto--1.jpg  kyoto--2.jpg



春は桜で有名ですね~。
今は枝ばかりで寒々しい桜ですが、
春には桜のトンネルのようになり、それは見事です。



それと比べれば、ちょっと地味ですが、
やはり人気スポットで、周辺に見所も多いせいか
ひっきりなしに人が通ります。





あら、びっくり...ねこちゃんもいました~。
みんなひなたぼっこの真っ最中。地域猫なのでしょうか....
kyoto-27.jpg 
 kyoto-28.jpg kyoto-8.jpg


kyoto-26.jpg 

kyoto-30.jpg



tetugaku.jpg


                 



このあと、東福門院の菩提寺である「光雲寺」、「安楽寺」へ..
のんびり歩きながら巡りました。

続きはまた....



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 39 : 19 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京都のもみじ  光雲寺・安楽寺
2010 / 12 / 16 ( Thu )

哲学の道から、途中、階段を下りた場所にある光雲寺。
南禅寺の境外塔頭で、もともとは摂津国天王寺(今の大阪)に
あったそうです。




徳川家康の孫である和子が、14才で入内してのち
後水尾天皇の中宮となりました。
奈良時代以来の女性天皇「明正天皇」の生母が、この和子。
後の東福門院です。その菩提寺が光雲寺なのです。
光雲寺-1


光雲寺-2





東山の霊芝山を借景に取り入れ、
池には琵琶湖疎水がひかれています。
このお庭がなんとも落ち着いた良い雰囲気...
いつまでもゆっくりしていたくなる、そんなお庭でした。
一室でお抹茶とお菓子をいただき、あ~幸せ...
光雲寺-3



加藤清正が朝鮮より招来した瑪瑙(めのう)の手水鉢。
徳川家の手に入り、東福門院が光雲寺に寄進されたとのこと。
光雲寺-4



哲学の道を、もう少し北へ進み安楽寺へ....
門前の風景が有名な安楽寺。
朝一番で来たほうが良かったみたい...(反省....)
観光客がいっぱいで、ひなびた門前の風景に
どうしても人が入ってしまいます...

紅葉の最盛期を少し過ぎてしまっていましたが
またそれも風情があっていいものです。
安楽寺-1


こちらのお庭も見事です。千両・万両がこんなにたくさん
植えられているお庭は初めてみました。
安楽寺-3

安楽寺-5



そして、苔が素晴らしい...歴史を感じさせます。
安楽寺-2



こんなに苔を見入ってしまったのも初めてです。
いろいろな種類があり、どれも生き生きとして
散りもみじとのコントラストが美しい....
安楽寺-4


続く.....


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 29 : 48 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京都のもみじ 〈そのほか〉
2010 / 12 / 18 ( Sat )

安楽寺をあとにして、岡崎神社にひょっこり寄ったり、
六盛で手をけ弁当をいただいたり、六盛茶庭でスフレを食べたり...
午後4時過ぎにまで、ぶらぶらと散歩しながら京都を楽しみました。


kyoto-37.jpg kyoto-38.jpg
         kyoto-39.jpg


     kyoto-36.jpg



kyoto-41.jpg kyoto-40.jpg




kyoto-46.jpg kyoto-45.jpg

      kyoto-42.jpg

      
       

      kyoto-43.jpg




      kyoto-44.jpg


      kyoto-48.jpg



      kyoto-47.jpg


      kyoto-49.jpg



kyoto-50.jpg kyoto-53.jpg



      kyoto-52.jpg





テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 32 : 29 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
富士山 七景
2010 / 12 / 26 ( Sun )
今年2回目の富士山ドライブ。
土日1000円の恩恵を受けつつ、日帰りで行って参りました。



朝、午前6時半すぎ.....富士川サービスエリアから見えた富士山。
のぼったばかりの朝陽をうけて、まぶしいばかり...
fuji101225-1.jpg



富士ICから国道139号線を北上。
東京農業大学農場跡地の「ふもとっぱら」からの富士山。
fuji101225-2.jpg

fuji-2.jpg fuji-4.jpg
     fuji-3.jpg



朝霧さわやかパーキングから見た富士山。
北につづく稜線が本当にきれいです。あしもとの草原は、一面霜柱。
fuji101225-3.jpg


          fuji-5.jpg


河口湖からの富士山。手前下には河口湖大橋が見えます。

この日は西からの風が強く、河口湖の湖面も波だっていました。

富士山も雪が舞い上がっているのか、白い雲が山頂から東方向へ
絶えずわき上がって、少々もや~としていますが、
優しい表情だなという印象です。
fuji101225-4.jpg

湖周辺(河口湖大橋手前)にはポプラの木が沢山植えられています。
葉を落とした姿も、凜として美しい....
すっと伸びた枝ぶりも大好きなので、思わずカメラにおさめてしまいます。
fuji-6.jpg fuji-7.jpg




「道の駅なるさわ」から見た富士山。
河口湖から見た景色とはちょっと違ってきました。
パレットナイフで、雪をこすりつけたような斜面です。
fuji101225-5.jpg


青木ヶ原樹海を抜ける、国道71号線から見えた富士山。
fuji101225-6.jpg

71号線沿い、もうひとつ別の場所から。上の写真とは、またちょっと表情が違います。
fuji101225-7.jpg



ここまで来たら、富士宮やきそばを食べねばいけません...(^^;)
市中心部にある「虹屋ミミ」さんで、いただきました。

いかと豚肉が入った「富士宮やきそば」
ふっくらとした麺、さっぱりとしていながらコクのあるソース。
美味しかったですよ~!!

このお店に置いてあった「ふじのみやグルメ紀行&フードバレーマップ」
また、これを参考に、いろいろと美味しいものをいただいてみたいですね~♪
fuji-9.jpg fuji-8.jpg


また、富士宮の駅から富士山本宮浅間神社の周辺は
街が整備されていてとてもきれい。
今回は日帰りなのでのんびりできませんが、
いつかゆっくりと歩いてみたいな~。



早めに帰宅して、夕食は「ビオ・デリ」で購入したデリカテッセンと
バイエルンマイスタービールのビールで、お疲れさまでした~の会。

fuji-10.jpg fuji-11.jpg


夏と違って、雪のせいで一層富士山の山肌の様子がわかり、
興味が尽きない..といった感じ。
また..これほど、見る位置で表情が変わるとはびっくりしました。


いつ見てもいいものですね....富士山って。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 09 : 49 | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。