スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
長松寺のおまつり「どんき」 Part 1
2011 / 12 / 18 ( Sun )






12月18日の日曜日に、豊川市にある「長松寺(ちょうしょうじ)」で
「どんき」というお祭りが行われました。





111220-どんき-1



約220年前から行われている「どんき」
長松寺に祀られている秋葉三尺坊大権現の火防大祭の中の行事です。





長松寺の本堂で30分ほど火防のご祈祷があげられたあとに、
お寺から東へ400mの場所にある明王院まで往復の行列。





そのあと、赤天狗・青天狗・白狐が「どんき」と言われる撞木(どうぼく)を持って
子どもたちを追いかけ回し、紅がらを顔に塗りつけます。





紅がらを塗られた子供は、無行息災の御利益があると言われるので、
ぜひとも自分の子供に紅がらを塗ってもらいたい親御さんと、
いやだ~と泣き叫ぶ子供...それ見守る観客たち....





幼い子供にとっては、見たこともないよう面を付けた人間が
紅い棒で紅がらを顔に塗ろうするのだから、恐ろしいことこのうえない....(^^;)
(東北のねぶたまつりみたい....)





午後1時半、火防のご祈祷が始まるので、
お稚児さんたちなどが本堂の中へ入っていきます。
111218-1.jpg




長松寺の境内、風情があります。
111219-2.jpg




111219-1.jpg





111219-11.jpg






ご祈祷が終わると、明王院までの行列です。
本堂から出てくる白狐さんたちがちらっと見えます。
111219-3.jpg




111219-4.jpg





白狐さんは3人。
111219-8.jpg




赤天狗さん。一本下駄を履いています。
111219-5.jpg



111219-9.jpg





天狗さんは、小学生たちに大人気。
赤天狗さんにず~っとついて歩いている女の子や、
沿道で「かっこいいな~」と見ている男の子たちも沢山いました。
111219-6.jpg




111219-10.jpg




青天狗さんはカラス天狗のよう...こちらも一本下駄で歩きます。
111219-7.jpg



明王院までの行列が終わり「どんき」を待つ境内です。
111219-12.jpg



つづく....




スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

21 : 48 : 17 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
長松寺のおまつり「どんき」 Part 2
2011 / 12 / 21 ( Wed )

長松寺のおまつり「どんき」の続きです。


少し遅れて、午後3時近くから....とうとう始まりました。

111221-4.jpg







111221-5.jpg





111221-6.jpg





111221-13.jpg





111221-8.jpg






線路の向こうに子供が走っていたぞ.....青天狗さんと白狐さんが相談中。
111221-3.jpg





なぜか、やぎの赤ちゃんも.....(^^;)
111221-7.jpg





111221-12.jpg






111221-11.jpg






111221-10.jpg




昔は、お酒のはいった状態で、
家の庭まで子供を追いかけて入ってしまうくらい、かなり過激だったそうです。
それと比べれば、今回見ていると、怖がる子供には頬にそっとつけるなど、
優しくなったのでしょうね....





どんきは日没まで続きました。
111221-9.jpg






テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 45 : 42 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
菟足神社の風祭
2012 / 04 / 11 ( Wed )




佐奈川撮影会のあと、小坂井町にある菟足(うたり)神社の祭礼に立ち寄りました。



御祭神は菟上足尼命(うなかみすくねのみこと)
創立は白鳳15年4月21日(686年)
社格は延喜式内社、旧県社


120411-1.jpg








以前から、なぜか気になっていた菟足神社。
本殿に参拝したあと、境内で出会った小坂井町の郷土玩具「風車」。
いろいろといわれがあることを地元の方に教えていただきました。
無病息災の縁起ものだそうです。
(詳しい内容は長くなるので、ここでは省略しますね...)

120411-2.jpg




夜には、仕掛け花火や手筒花火が奉納されます。
これは夜、本殿前で打ち上げられる大筒花火。
120411-3.jpg




午後7時から、仕掛け花火や打ち上げ花火が始まりました。
仕掛け花火はどれも大きいものばかり....その左側に
こちらも見事な打ち上げ花火が上がるという、想像以上に豪華な奉納花火です。
120411-4.jpg





午後7時半を過ぎた頃から、本殿前で手筒花火が始まります。
早い時間から本殿左側には、カメラマンたちの三脚がズラリ....
わたしは後方から撮ってみました。






120411-8.jpg






手筒に点火すると、必ず若衆がみんなで両手を挙げて、かけ声を掛けます。
120411-11.jpg









勇壮な姿ですね...
120411-6.jpg







手筒が終わる瞬間。下に抜けて、大音響が境内に鳴り響きます。
120411-5.jpg






120411-9.jpg






120411-10.jpg






山車(だし)も曳き出されたようですが、
今回はタイミング悪く見ることができませんでした。





狭い境内で、あれほどまでの手筒を上げて火事にもならない...
ほかの神社でも思うことですが、やはり奉納花火なのだな~と感心することしきりです。




いつかじっくりみてみたい、菟足神社の風祭でした。









テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 49 : 34 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
砥鹿神社 例祭幟立て
2012 / 05 / 03 ( Thu )


今日の午前中、美容室へ行ったところ....
「砥鹿神社(とがじんじゃ)の植木市、行かれたことあります?
 とても賑やかですよ~」と聞き、せっかくなので行ってみよう...と足を伸ばしました。







豊川市の一宮にある砥鹿神社。行くのは、本当に久しぶりです。
本殿にお参りをしてから、屋台の出ている賑やかな方向へ歩いていくと、
想像以上に大きな植木市が行われていました。



120503-5.jpg







120503-3.jpg








120503-4.jpg









120503-2.jpg






120503-6.jpg





120503-1.jpg







里宮(本殿)の前の一角につながれていた馬。
きれいに飾られています。御神馬でしょうか....
120503-7.jpg







植木市だけ見て帰ろうと思っていたら、
午後4時から「流鏑馬(やぶさめ)試乗式」が行われるとのこと。
明日が本番のようですが、今日も特別に作られたコースを
12頭の馬が3往復するといいます。(明日は5往復)
始まるまでに2時間位ありましたが、これも何かのご縁...と、
見せていただくことにしました。



120503-8.jpg






こちらの流鏑馬は、馬上から弓矢を射るものではなく、
小学校工高学年~中学生の男子が、馬上で両手をひろげ、
駆け抜けるというもの。






1時間前くらいから準備が始まりました。
120503-10.jpg









120503-13.jpg










120503-100.jpg








120503-15.jpg








120503-11.jpg








120503-14.jpg








120503-9.jpg





流鏑馬試乗式の様子は、明日改めて.....




テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

23 : 03 : 02 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
砥鹿神社の流鏑馬試乗式
2012 / 05 / 04 ( Fri )



砥鹿神社の流鏑馬試乗式の様子をご紹介します。
少年を乗せた12頭の馬が、境内に作られたコースを3往復します。


120504-1.jpg








心の準備もないまま、コース脇に撮影する位置を決めたものの...
今年2月の豊川市民展で、2枚、ここの流鏑馬の様子を撮したものを思い出しました。



どちらも、少年と馬にはピタッとピントが合い、背景は流れるような作品。
そうです...流し撮りをされていたことに、このとき初めて気がついた私です。



え~!! 流し撮りをしたことがありません。どうしよう...TVにするのか....
その時に、シャッタースピードはいくつくらいにするのか.....?
急に焦り出しました(>_<) そう....連写をしたほうがいいのか...
ピント合わせは....   頭の中に「?」がグルグルと回ります。



結局、いつもようにAVで、置きピン状態にして撮ることに。
でも、動くもの(走る馬)を撮るのは初めてで、本当に難しかったです。
いまひとつのものばかりですが、ご紹介します。





120504-2.jpg





120504-3.jpg






120504-4.jpg






120504-5.jpg






120504-6.jpg






120504-7.jpg






120504-8.jpg






120504-9.jpg






120504-10.jpg






120504-11.jpg






120504-12.jpg








流鏑馬試乗式を終えて...
120504-13.jpg





120504-14.jpg








初めて見る砥鹿神社の流鏑馬。
綺麗な衣裳を身にまとい、お化粧した少年たちの一生懸命な姿と
勇壮に走る馬の姿、その素晴らしさに、心底感動しました。
撮るよりも、ただただ見ていたい....そんな気持ちになってしまったmanunuです。






今日(5月4日)の午後4時から、流鏑馬式(5往復する)が行われたと思います。
みんな、立派にできたことでしょうね....(^^)
今回、偶然見学することになったわけですが、
一度にファンになってしまいました。
来年もぜひ見たいですね! 次回は流し撮りができますように.....





テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 58 : 07 | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
豊川稲荷春季大祭 (前編)
2012 / 05 / 08 ( Tue )



愛知県豊川市にある、豊川稲荷の春季大祭に行ってきました。
5月4日・5日の2日間の日程のうち、出掛けたのは2日目の5日。


120508-1.jpg






昨年秋に行われた秋季大祭は、仕事の都合で行くことができなかったので、
春こそは....!と思っていました。







今年は、重さ1.5トンのみこしが42年ぶりに復活するとあって、
5月5日当日もかなりの人出でした。
こちらがそのおみこし。

120508-2.jpg








実は、このことをまったく知らずにお稲荷さんへ行ったわたし....(^^;)
当日の中日新聞朝刊に載っていた記事を、たまたま見ずに出掛け、
会場でまわりの人たちが
「42年ぶりなんだってね~、ありがたい、ありがたい」と言うのを聞いて
初めて知ったうっかりものなんです.....。


120508-3.jpg








境内は出店や市など、とても賑やかで、
お猿さんの猿回しも....頑張ってました~♪
120508-4.jpg






120508-4-.jpg







どういう流れなのか、まったくわからないまま、
御神輿渡御開始予定の午後1時半を過ぎても動きがないので、
境内のあちらこちらを行ったり来たり....(^^)





120508-5.jpg









120508-6---.jpg










120508-6--.jpg










そのうち、妙嚴寺法堂から、お稚児さんをはじめ
行列に加わる人たちが出てきました。

120508-8.jpg








120508-8-.jpg









120508-6-.jpg








120508-6.jpg








120508-7.jpg







120508-9.jpg




後編に続きます。





テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

23 : 23 : 39 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊川稲荷春季大祭 (後編)
2012 / 05 / 09 ( Wed )



豊川稲荷春季大祭、後編をお届けします。




120508-10.jpg




行列の最後に....42年ぶりに登場した、重さ1.5トンのおみこし!
130人が担いでみえるそうです。いきなりの登場にびっくり!
凄い迫力です。


120508-11.jpg





120508-12-.jpg








そのまま本殿まで行くと思いきや、そうではなく、
本殿の前の鳥居付近で、何度かあちらこちらへまわり、
「豊年じゃ、豊年じゃ、三百年の豊年じゃ」と威勢良いかけ声のもと
重たいおみこしをみなさんで上げると....土煙がたち、どんどん勢いが増していきます。
祭のクライマックスですね!
120508-12.jpg








本殿へ入っていくおみこし。
120508-13.jpg





なかでは、ご祈祷があがるようです。
120508-14.jpg





ご祈祷がすむと、行列の一行が本殿から出てきて戻っていきました。
120508-15.jpg







120508-16.jpg








120508-17-.jpg







120508-17.jpg








120508-18.jpg







この日、豊川稲荷界隈の商店街では「いなり楽市」が行われていました。
いなり寿しのお店が出たり、パフォーマンスが行われたりの大賑わい。

120508-19.jpg






120508-21.jpg






120508-22.jpg






1205058-23.jpg






念願かなって、春季大祭を見ることができ良かった.....♪
とても賑やかな豊川稲荷界隈でした。




テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 20 : 16 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西尾祇園祭 本町〜中町界隈
2012 / 07 / 15 ( Sun )


西尾市で毎年この時期に行われる「西尾祇園祭」
大名行列があると聞き、7月14日の土曜日、今年初めて出かけました。




こちら方面からだと、西尾市までなら車で行くのが一般的ですが、
会場での駐車場がどうなっているのか不案内だったのと、
一度名鉄蒲郡線にも乗ってみたかったので、今回はそのルートで西尾入りしました。




名鉄西尾駅でもらったお祭のパンフレットを手に歩きます。
ほとんど予備知識なしで出かけたものですから、どこをどう行ったらよいものか...
途中立ち寄った歴史公園内の「尚古荘(しょうこそう)」でお庭のお掃除をされていた
シルバーの方に、だいたいのルートを伺い、本町から中町へ歩いていきました。





本町通り沿いにある商家の玄関先に飾られたのれん。
大きく立派なもので、代々伝わるのれんを祭の期間中掲げるのだそうです。
家の造りとともに風情があります。
120715-1.jpg




120715-2.jpg






中町から肴町へぬける通りのお茶屋さんにもありました.....
120715-3-.jpg





本町通り沿いには、昔からある建物と今風なものがミックスしていて、
歩くだけでも楽しい。
120715-3.jpg





本町通りの突き当たりには「御旅所」があります。
各町名の入った提灯や、奉納された方のお名前が入った提灯が飾られています。
まつり本部も置かれているこの場所はまつりの中心部といったところでしょうか...
120715-4.jpg





120715-5.jpg





120715-6--.jpg





120715-6-.jpg





120715-6.jpg




中町へ歩いていくと、こんなに立派な山門が現れました。
120715-7.jpg




中町の大屋形で練習が始まって...
120715-8.jpg




蒔絵がほどこされた鼓がとても素敵....練習が始まる前に少しお話を伺いました。
120715-9.jpg



...すると「ビールを飲むかね?だめ...?じゃ、ジュースはどう?」と言われ、
なぜかポカリスエットを1缶手渡され....
曇り日で夕方近くとはいえ暑く、ちょうど手持ちの水も少なくなってきたところでしたので、
ありがたくいただきました。ごちそうさま....美味しかったです!




しっかり水分補給したところで、次は肴町へ.....



続きます〜!







テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

23 : 20 : 21 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西尾祇園祭 肴町(さかなまち)界隈
2012 / 07 / 16 ( Mon )



中町をあとにして、大名行列がスタートするという肴町(さかなまち)へ歩いていくと....
まず驚いたのは、通り沿いに何気なく置いてあるもの。
120716-1.jpg





午後6時スタートする大名行列に使うお道具です。
120716-2.jpg






蒔絵で描かれているのは、肴町の町章「金紋・鯛の丸」
120716-3.jpg






みなさん、自然とカメラが向いてしまいますよね〜(^^)
120716-4.jpg






120716-5.jpg






この時点で午後5時。大名行列が始まるまで、まだ少し時間があります。
大通りも車両通行止めになりました。
120716-7.jpg





時折、行列に参加される人たちが、それなりの出で立ちでやってくるので
気分もだんだん高まってきます!
120716-6.jpg





もう一度、肴町へ行ってみようと足を向けると、
何やら遠くのほうで獅子が舞っているのが見えます。
思わず駆け寄ってみると.....




つづく....♪


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 49 : 42 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西尾祇園祭 大名行列
2012 / 07 / 17 ( Tue )

西尾祇園祭の起源は、今から約400年前に
伊文神社が行う祭礼がはじまりだそうです。
神輿が町々をめぐり、疫病や災厄を追い払ったとされています。

120717-1.jpg



今回見学した、肴町から始まる大名行列は正徳年間(1711〜1724年)に
始められたといわれ、古い歴史を持っています。
身分階級の厳しかった江戸時代。本来なら、町人が大名に扮することなど
とても許されませんでしたが、当時の西尾城主 土井利意は町人が
武士の衣裳と刀をつけることを許し、城内に入ることも許したそうです。
これによって、大名行列は町人の祭として一層盛んになっていきました。
肴町のひとたちは、城主の粋な計らいを喜び、当日は御家老・御家人など
当時の士族と全く同じ姿をして城内に練り込んだといいます。


120717-2.jpg





120717-3.jpg





午後5時半を少しまわったころ前だったでしょうか...
関係者の方の挨拶や、愛知県知事の挨拶がすむと、
子供や大人を合わせ約200人の大名行列が、賑やかに始まりました。

120717-4.jpg




最初は子供の行列からスタート! 子供用の小さめな道具をもっています。
120717-5.jpg





120717-6.jpg





120717-7.jpg




続いて、大人の大名行列が始まりました。
明治維新前はお道具はすべて模造品だったそうですが、
明治10年頃、九州某藩の道具を一式購入。旧彦根藩のものであったとか....
西尾藩は6万石でしたが、10万石以上の格式ある文化財として大切にされているようです。
120717-8.jpg





120717-9.jpg





120717-10.jpg





120717-11.jpg





肴町の町章「金紋・鯛の丸」
120717-12.jpg





腰元のみなさん。凜々しい姿に、気合い充分です!
120717-13.jpg





120717-14.jpg






大名行列もいろいろな組があり、奴さんたちの所作がとても面白いものでした。
でも...なんだかうまく撮れなくて.....(-_-) 難しいですね...
来年こそは〜!....と思った、大名行列でした。




続きます〜♪


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

23 : 32 : 48 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。